感じは大いに人の印象に残るものです。

おぼろげながらも、「あれ?どこかで嗅いですポイントのあるにおいです」なんてことありますよね?

パパなら、昼前の満員電車の中で綺麗な女性の髪からかおる洗浄の感じや香水の感じなどで、きっと何度となくそういった蓄積あると思います。

むかし付き合っていた女性と同じ匂いですとか、過日いうお店の可愛い子供の感じですとか・・・。

また女性にしても同じではないでしょうか。

但し、その反対もまたありますよね。

においと言っても「感じ(におい)」というより「臭い(におい)」の人だ。

そんなに、ちょいよく嗅ぎたくない人の臭いだ。

こちらの悪臭もインパクトはかなりあります。

こちらの人で、「そういえばあの人の・・・」なんて土産されてしまったら、その様子はどうしても消えません。

「いい感じ」の方より土産にのこってしまうかもしれませんね。

そんな印象を残さないためにも、自分のにおいに思う存分注意しておきたいものです。

なんだか、注意していないと自分のにおいは自分でかなりわからないものです。

見えないにおいに抱えゃんとつでも気を使って、宜しい匂いの飼主と土産達するみたい心掛けたいものですね。http://ラココ0.xyz/